公開日: |更新日:

東京駅・丸の内の結婚式場特集 結婚式のテーマカラーを決めておく

結婚式を挙げる、と決めたものの具体的なイメージが湧かないと悩んでいる場合には、結婚式のテーマカラーを決めるのがおすすめです。そこでこの記事では、テーマカラーとはどのような意味を持つのかといったことに加えて、テーマカラーを決めるポイント、さらに色別に人に与える印象などを紹介。式場選びなどに迷っている場合には、ぜひこの記事を参考にして結婚式のイメージを膨らませてください。

テーマカラーとは

結婚式では「テーマカラー」を決めることによって会場に統一感が出る、とよくいわれますが、そもそも「テーマカラーとは?」と思う方もいるでしょう。この結婚式のテーマカラーとは、ふたりらしさを表現する色というと考えやすいかもしれません。

結婚式は、これまで別々に生きてきたふたりがこれから先の人生を一緒に過ごしていくことを誓い、さらにこれまで生きてきた中でお世話になった方に感謝の気持ちを表現する場です。そのためにも、ふたりらしい結婚式でゲストを迎え、笑顔でその1日を過ごしてもらうのがゲストに対するおもてなしであると考えることができます。

このテーマカラーは、「こう決めなければならない」という決まりごとはありません。だからこそ悩んでしまう方もいるかもしれませんが、ふたりの思い出や結婚式を挙げる季節、好きな色など、さまざまなものからふたりだけの結婚式のテーマカラーを決めるのも楽しいものです。そして、テーマカラーを決める過程でこれまでのふたりの歴史を振り返ることができるため、結婚式のヒントになることもあるかもしれません。

結婚式に統一感を持たせるために必要

テーマカラーはなぜ必要なのか、という点ですが、大きな理由として「結婚式に統一感を持たせる」という面があります。結婚式の準備においては、衣裳やブーケ、会場の装飾、招待状などさまざまなアイテムの色を決める必要があります。 これらを一度に決められれば全体の統一感を持たせることも簡単なのですが、それぞれのアイテムを選ぶタイミングはバラバラ。そのため、その時の気分で選んでしまうとどうしても統一感のない結婚式となってしまいます。

しかし、あらかじめテーマカラーを決めておくことにより、衣裳や会場の装飾だけではなく引き出物やプチギフトなど細かい部分まで色を揃えることができるため、統一感を出せます。

また、統一感を持たせる以外にも、それぞれの色が持つ意味に注目するというケースも。例えば「感謝」という意味を持つピンクをテーマカラーにすることで、ゲストへのメッセージを表そうと考えるカップルも多くなっているようです。

テーマカラーを決めるポイント

それでは、実際に結婚式の準備を行うにあたってテーマカラーを決めるポイントをご紹介します。もちろんふたりの好きな色から決める、という方法もおすすめですが、他のアイディアを探しているカップルはぜひ参考にしてみてください。テーマカラーにはさまざまな決め方があります。

ドレスに合わせる

まずは、結婚式で新婦が身につけるドレスの色からテーマカラーを決める方法があります。テーマカラーを決める前に衣裳を選びをした際には、この方法がおすすめかもしれません。

会場内の装花やクロスなどの色を揃えることによって、美しいドレスを身につけた新婦の美しさがより引き立てられることでしょう。

会場の雰囲気に合わせる

また、会場の雰囲気に合わせてテーマカラーを決めるという方法もあります。特に、個性的な内装を持つ会場だった場合には、その雰囲気を活かせる色を用いてコーディネートするのがおすすめです。

例えば、緑いっぱいで爽やかなガーデンウェディングを選ぶ場合には、グリーンを招待状やクロスに取り入れることによって統一感を出すことができるでしょう。ドレスもナチュラルな雰囲気が感じられるカラーのものを選ぶと良いでしょう。このように、会場のポイントとなっている色を活かせるように、ほかのアイテムの色選びをしてみてください。

新郎新婦の決めたテーマに合わせる

テーマカラー以外にも、結婚式のテーマを決めている新郎新婦もいるでしょう。例えばふたりの趣味をテーマにして、アイテム選びなどを行っているという場合もあるかもしれません。その場合には、ふたりで選んだテーマに合わせたカラーを意識すると統一感が出ます。

結婚式や披露宴の会場全体を舞台として演出する、というイメージでドレスや装花、クロス選びを行いますが、新郎新婦の魅力を引き出すにはどんなカラーだと良いかという点を考えながら色選びをしていきましょう。

季節に合わせる

また、結婚式を挙げる季節に合わせた色選びをする、という方法もあります。例えば冬、クリスマスシーズンに結婚式を挙げる場合にはクリスマスカラーで統一すると華やかな印象になるでしょう。クリスマスにまつわるアイテムもコーディネートに取り入れることで、より印象に残る結婚式にすることができるでしょう。

また、春は爽やかパステルカラーを取り入れたり、夏は涼しげにブルーを取り入れるというのもひとつの方法です。

伝統やしきたりに合わせる

結婚式のテーマカラーを選ぶにあたって、伝統やしきたりをもとにするという方法も。例えば、花嫁が生涯幸せな結婚生活を送るためのヨーロッパのおまじないとして「サムシングフォー」と呼ばれるものがあります。このおまじないでは、花嫁が結婚式当日に「古いもの」「新しいもの」「借りたもの」「青いもの」の4つを身につけることで、幸せになると言われています。

この中で「青いもの」は、目立たないところに取り入れるというのが決まりとされていますので、ブーケに青い花を入れたり、ガーターベルトに青いリボンを入れると言った方法などが用いられています。

このように、おまじないやしきたりなどをもとにして取り入れる色を選ぶのもおすすめです。

カラー別!それぞれの持つ印象を解説

色によって人が受ける印象は異なります。そこでここでは、それぞれの色が与える印象について見ていきましょう。どのような色がどんなイメージになるのかを知ることで、結婚式で用いるテーマカラー選びの参考になるかもしれません。

癒しと落ち着きを演出するグリーン

グリーンは、豊かな自然を連想させる色です。この色を見た人に安らぎと落ち着きを与えてくれる色といわれています。また、グリーンは人の目にも優しいため、疲労や緊張感などを和らげる効果も期待できるとされます。

グリーンの中にもさまざまな種類がありますが、例えば深緑のようなトーンの落ち着いた色はシックな雰囲気を演出できますし、黄緑のような明るいグリーンは、若々しいイメージを与えられますので、ポップなイメージのウエディングにしたいときにおすすめの色です。

ハッピーな印象のイエロー

幸福の色として昔から愛されてきたイエローは、多くの人に明るい印象を与えることができる色です。喜びや希望といったイメージを持ち気持ちを明るく・前向きにしてくれるのが特徴です。さらに、人間関係におけるコミュニケーションを円滑にしてくれる色である、ともされています。

例えばヘアアクセやデーブルコーディネートのほかにも、会場の装花などにイエローを取り入れることで会場全体がとても明るい印象になり、元気一杯のウエディングとなります。また、イエローは白とも相性の色が良いので、ブーケに取り入れてみるととても可愛いイメージに。新郎のブートニアにもぜひお揃いでイエローの花を入れると、より華やかな印象になります。あえて大きめのイエローの花を入れてみても良いです。

ぬくもりのある印象のオレンジ

オレンジは、明るさとあたたかさを持ち、親しみやすい印象を与えてくれる色です。オレンジは食べ物の中でも多い色であり、食欲をそそる色ともされています。また、オレンジのように暖色系の色に囲まれたときには人は体感温度が上がるということもわかっていますので、あたたかさを与えてくれる色であるともいえます。このことから、楽しい雰囲気の結婚式にしたいと考えているカップルにオススメの色となっています。

また、オレンジと他の色の組み合わせを楽しむというのもおしゃれ。例えばオレンジにターコイズブルーを組み合わせると南国風のイメージになりますし、ブラウンと組み合わせると落ち着きと温かみのあるアットホームな雰囲気になります。

華やかなレッド

レッドは視覚的に一番強い色と言われており、人の目を引く色。パワフルなイメージの色なので、注目されるとともに記憶に残りやすいという特徴もあります。

また、日本においては、赤はお正月や結婚式などお祝いの行事の中で使われてきた色なので、おめでたいと感じる気分をより盛り上げてくれる色とされています。紅白幕やご祝儀袋の水引などさまざまな場面で使われている赤は、結婚式に取り入れることにより、さらにお祝いの雰囲気を盛り上げてくれるといえるのではないでしょうか。また、レッドの中でも深めのレッドとくすみのあるゴールドを組み合わせると、落ち着いた大人な結婚式を演出することができるでしょう。

キュートで女性らしいピンク

ピンクは親しみやすく人を優しい気持ちにしてくれる色とされています。人を和ませるという効果があることから、良い印象を与えることができます。このことから、包装紙やリボン、プレゼントなど人への贈り物でも多く使われている色。愛情や感謝の気持ちを表すことができる色でもあります。また、ピンクは若々しさを象徴するという意味も持っており、女性もののファッションなどでも使用される定番の色です。ちなみに、補色であるグリーンとの相性が良いですし、サーモンピンクとネイビーを組み合わせると都会感のあるおしゃれなウェディングを演出することができます。

気品漂うラベンダー

ラベンダー(藤色)は、薄紫色の中でもやや水色寄りの寒色系となっており、気品を感じられるという特徴を持った色です。他にも、女性らしさや優しさ、爽やかさに加えて、高級感のある色となっています。また、ラベンダーは組み合わせる色によってその色を見た人に与える印象を変えられるのも特徴です。特に緑系の色と組み合わせることによって、さらに爽やかな印象を与えることができるとされています。

永遠のテーマカラー 純粋のホワイト

結婚式=白、というイメージを持っている方も多いでしょう。白は汚れのない色ということで純粋さや清潔さ、美しさなどの象徴とされている色です。日本のみならず世界中で好きな色の上位に挙げられるといわれているように、マイナスなイメージを持っている人が少ない点も特徴の色といえます。さらに、さまざまな色とも調和して明るい印象を与えてくれる色でもありますので、さまざまな表情を見せられるという特徴もあります。

神聖なイメージのブルー

爽やかなイメージを持つ人が多いブルー。空と海の色でもあり開放感を与え、好感度が高い人気の色です。ブルーは落ち着いた印象を与えるという面もあることから、どの年代からも好まれる色であり、結婚式のテーマカラーとして使用することで、清楚な雰囲気を演出することができます。

また、ブルーは体感温度を下げる色ともいわれていますので、真夏のウェディングに取り入れることで爽やかなイメージの結婚式とすることもできるでしょう。

元気をくれるパステルカラー

また、パステルカラーをテーマカラーとして選ぶ方もいるでしょう。パステルカラーは、心を癒して元気を与えてくれる色です。パステルカラーにもさまざまな色がありますが、青系のパステルカラーなら心を落ち着かせ、赤系のパステルカラーなら体を温める効果があるとされています。明るいパステルカラーは運気を向上させるともいわれていますので、結婚式のテーマカラーとして選ぶのも良いでしょう。

テーマカラーを決めると具体的な式のイメージが湧く

この記事では、結婚式のテーマカラーの考え方や、さまざまな色別に与える印象などをご紹介してきました。このように、テーマカラーをまず決めておくことによってふたりの結婚式のイメージが明確になります。もし、式場選びに迷ったらテーマカラーを決める参考にしてみてください。世界にひとつだけの、ゲストの印象にも残る結婚式を作り上げられるはずです。

ゲストを想う極上のおもてなし婚なら東京駅丸の内周辺の結婚式場【厳選3選】

遠方からのゲストのために、東京駅から徒歩圏内の丸の内エリアで、歴史のある3つの式場を厳選。3つの式場の雰囲気や費用感はコチラ!

都心とは思えない自然に恵まれた環境
パレスホテル_image
パレスホテル_image
パレスホテル_image
パレスホテル_image

引用元:パレスホテル
https://www.palacehotel.co.jp/

引用元:パレスホテル
https://www.palacehoteltokyo-wedding.com/chapel/

引用元:パレスホテル
https://www.palacehoteltokyo-wedding.com/cuisine/

引用元:パレスホテル
https://www.palacehoteltokyo-wedding.com/cuisine/

パレスホテル
予算の
目安
246万円 40名

※通常プラン
申込期間:なし(通常プランのため)

プランに含まれるもの
  • 挙式:キリスト式・人前式・神前式
  • 料理・飲物:フランス料理、フリードリンク
  • 席料:会場費含む
  • 衣装:新郎・新婦各1点
  • ヘアメイク:新婦ヘアメイク
  • ケーキ:含みます
  • 装花:メインテーブル・ゲストテーブル・ケーキテーブル・ブーケ・ブートニア・贈呈用花束
  • ほか

HPで詳細
を確認

電話で問い合わせる

重要文化財・歴史的建造物で忘れられない結婚式を
センチュリーコート_image
センチュリーコート_image
センチュリーコート_image
センチュリーコート_image

引用元:センチュリーコート丸の内(ゼクシィ)
https://zexy.net/wedding/c_7770024065/

引用元:センチュリーコート丸の内
https://www.wdi-wedding.com/century-court/space

引用元:センチュリーコート丸の内
https://www.wdi-wedding.com/century-court/cuisine

引用元:センチュリーコート丸の内(ゼクシィ)
https://zexy.net/wedding/c_7770024065/imageGallery/etc/

センチュリー
コート丸の内
予算の
目安
98万円 40名

※期間限定キャンペーン価格
申込期間:2022年3月31日まで

プランに含まれるもの
  • 挙式:人前式
  • 料理・飲物:フランス料理、フリードリンク、ウェルカムドリンク
  • 席料:会場費含む
  • 衣装:ウェディングドレス&タキシード
  • ヘアメイク:新婦ヘアメイク
  • ケーキ:含まれていません
  • 装花:会場装花、ブーケ・ブートニア

  • ほか

HPで詳細
を確認

電話で問い合わせる

皇居が一望できる挙式・披露宴会場
東京會舘_image
東京會舘_image
東京會舘_image
東京會舘_image

引用元:東京會舘
https://www.kaikan.co.jp/

引用元:東京會舘
https://www.kaikan.co.jp/marunouchi/wedding/ceremony.html

引用元:東京會舘
https://www.kaikan.co.jp/marunouchi/wedding/cuisine.html

引用元:東京會舘
https://www.kaikan.co.jp/marunouchi/wedding/cuisine.html

東京會舘
予算の
目安
137万円 40名

※期間限定キャンペーン価格
申込期間:なし(2023年3月31日までに挙式)

プランに含まれるもの
  • 挙式:神前式
  • 料理・飲物:お料理、お飲物、乾杯酒、ウェルカムドリンク
  • 席料:会場費含む
  • 衣装:含まれていません
  • ヘアメイク: 含まれていません
  • ケーキ:含みます
  • 装花: 含まれていません


  • ほか

HPで詳細
を確認

電話で問い合わせる

パレスホテル『40名プラン』、センチュリーコート丸の内『親族~友人まで40名様の「特別限定プラン」』、東京會舘『和婚プラン~神前式&披露宴~ ※ウエディングパーク限定プラン』を参考にしています。プラン内容や招待人数によって変動がありますので、詳しくは公式HPや直接式場に問い合わせて確認してください。2021年調査時点の各式場の創業年数はパレスホテル74年、センチュリーコート丸の内84年、東京會舘99年です。